地域別-二重整形

横浜の二重整形(埋没・切開)おすすめクリニック

横浜で二重整形(手術)ができるおすすめのクリニックをまとめました!二重整形(手術)の値段も各クリニックによって差があるので、安い二重整形手術ができるクリニックを探している方はぜひ参考にしてください。

横浜でおすすめの二重整形(手術)クリニック

湘南美容クリニック

湘南美容クリニック

施術法 料金
ナチュラルベーシック法 両目1点7,350円(税込)
両目2点14,700円(税込)
湘南二重術 両目2点29,800円(税込)
両目3点44,800円(税込)
腫れづらいばれづらい二重術 両目2点90,000円(税込)
フォーエバー二重術 両目191,560円(税込)
クイックコスメティーク法 両目191,560円(税込)
クイックコスメティーク・ダブル 両目(笑気麻酔込)299,560円(税込)

横浜の湘南美容クリニックの店舗情報

▼横浜院

住所 神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町2-23-2 TSプラザビル3F
アクセス
  • JR横浜駅西口 徒歩5分
診療時間 AM10:00~PM7:00 予約制
※診察日についてはお問い合わせください。
休診日 年中無休
予約 >>予約はこちらから<<
▼横浜東口院

住所 神奈川県横浜市西区高島2-19-12 横浜スカイビル16F
アクセス
  • 横浜駅東口直結
  • JR横浜駅徒歩3分
  • 京浜急行電鉄横浜駅徒歩3分
  • 東横線みなとみらい線横浜駅徒歩5分
診療時間 AM9:00~PM6:00 予約制
※当院を初めてご利用いただく方は、ご予約なしでご来院頂けます。
休診日 年中無休
予約 >>予約はこちらから<<

詳細ページ公式ページ

聖心美容クリニック

聖心美容クリニック

施術法 料金
2点留め法 両目:115,000円
マイクロメソッド+α
(PVDF)
両目2点:165,000円
両目3点:185,000円
両目4点:205,000円
切開法(部分切開・全切開) 両目:300,000円

横浜の聖心美容クリニックの店舗情報

▼横浜院

住所 横浜市神奈川区鶴屋町2-24-1 谷川ビルANNEX7F
アクセス
  • 横浜駅西口(北口)から徒歩5分
診療時間 10:00~19:00<完全予約制>
休診日 土・日・祝日も診療しています<年中無休>
予約 >>予約はこちらから<<

詳細ページ公式ページ

ガーデンクリニック

ガーデンクリニック

施術法 料金
埋没法(ナチュラル法) 20,000円~100,000円
脱脂(マイクロカット法) 180,000円
全切開法 400,000円
眼瞼下垂手術 200,000円~400,000円

横浜のガーデンクリニックの店舗情報

▼横浜院

住所 神奈川県横浜市西区北幸 2-10-40
横浜TYビル 3F
診療時間 10:00-19:00
休診日 土・日・祝も診察いたします
予約 >>予約はこちらから<<

詳細ページ公式ページ

ここでは、横浜で二重整形を実施しているクリニックについてその特徴と選び方について紹介します。
整形手術では比較的簡単な部類に入るとされる二重整形ですが、多くの患者を見てきたことによる判断や対応が結果の良さ、仕上がりに影響を与えるものです。
横浜にある東京美容外科の病院や湘南美容外科は、年間の施術数が特に多く、それだけ実績を積み重ねてきた豊富な経験や知識があります。それが二施設の大きなオススメポイントになります。

まぶたを施術する理由

まぶたを施術する理由は、一重だから目つきが悪いと思っている方や、老化でまぶたが下がってきて気になる方などさまざまです。
ただし、どんな理由でも結果は同じです。
大きなくっきりした目にしたい。
ですから理想のまぶたというものがはっきりと提示できることが任せて安心な病院の要件になります。
アンチエイジングの実績が豊富で、二重整形の実績もある横浜の東京美容外科の病院は、切開をともなわない方法や全切開を行うような施術についてもサポート体制がしっかりしているし、カウンセリングも充実しています。
不安に感じる整形もしっかりとしたサポートがあれば安心です。

施術方法の豊富さが魅力

一重を矯正するのに市販薬などでの個人的に対応するのはいちいちやるのが面倒だし、再現性に乏しいためできれば避けたいと思う方が多いと思います。
そんな悩みを解消するのが二重整形です。ただし、せっかく表情を豊かにするために行うのにただ二重になるだけでは意味がありません。
仕上がりを重視した施術計画を立案し、それを実現する手段を多彩に持っているところが安心です。
横浜にある東京美容外科の病院では、眼瞼下垂などのエイジングによるまぶたの施術経験もあり、埋没二重、切開二重(部分切開)、切開二重(全切開)などにより適切な二重整形を行えます。

紹介リピーター率が90%

美容整形は継続して通院するものではないため、リピーターと言う方はあまり多くありません。
その代わり自分が行った結果を紹介することが評判となり、その紹介者が来院することが多くあります。
そんな紹介リピーター率が多いところが評判の良いことになります。
湘南美容外科は2014年度の紹介リピーター率が90%以上であり、その施術結果を多くの方が自慢していることになります。
また、結果は目に見えて明らかな状態で紹介されるわけですからこれ以上確実な評判はありません。
施術した結果を見て、自分もああなりたいと思う方が来院するケースが多いということです。

万が一の際に修正可能な二重手術の埋没法

二重手術には、幾つかの種類があります。埋没法という方法は、メスを使わずに二重になることができる方法です。プチ整形術とも呼ばれており、万が一仕上がりが気に入らなかった場合や、加齢などと共に皮膚がたるんできた場合などにも修正が可能な方法です。切開法は、まぶたにメスを入れてしっかりとしたラインを作ります。メリットは、持続力です。ダウンタイムが埋没法と比べて長いのが特徴です。埋没法では希望の形にならない場合などに使用するのもおすすめな方法です。二重手術の値段はクリニックによって異なりますので、カウンセリング時に相談することをおすすめします。その際、万が一の際に修正可能かどうかも確認しましょう。

埋没法のメリットとは

メスを使わないプチ整形のため、短時間で施術が終了します。個人差はありますが、おおよそ15分程度で完了する場合が多くあります。湘南美容外科などでも人気の高い施術方法です。医療用の糸と針を使って二重を作るため、デメリットが少ないのが魅力となっています。抜糸ができるため、万が一の際に修正可能なのも人気の理由です。また、切開法よりも術後の腫れが少ないため、日常生活にすぐに戻ることができます。すぐに効果を実感できるのもメリットのひとつです。自分のお好みの幅をカウンセリングで相談することができ、希望の二重の形になることができます。

埋没法のデメリットとは

二重を作るために、糸で止めるという施術のため、糸の結び目がほどけてしまった場合、元の状態にもどる可能性があります。また、埋没法が適していない瞼に対して施術を行なった場合、二重のラインが薄くなることもあります。カウンセリングの際にどちらの方法がより理想的な二重になることができるのか医師としっかり相談することをおすすめします。二重のラインが薄くなるという状態になった場合や、二重のラインが気に入らないといった場合には、再度施術を受けることも可能です。繰り返し施術できるため、値段もリーズナブルなところが多くあります。

完全埋没法という二重手術

完全埋没法という術式は、瞼板ではなく挙筋という目を開ける筋肉に糸を通して行なうプチ整形です。糸が角膜に接触しない方法です。術後のツッパリ感を抑えることができる他、腫れを少なくさせることができます。また、眼球を傷つける心配がないのが特徴のひとつです。まぶたの厚さが薄い場合は、糸を止める箇所が一カ所となりますが、厚い場合は4カ所ほどまで糸を止めることができます。まぶたの脂肪の量によっても異なってきますので、しっかりした診察が不可欠です。切開法のみ可能と言われた場合でも、糸を止める数が増やせる場合は切らない施術を受けられる可能性があります。

埋没法は糸を留める箇所が多い程長持ちする

湘南美容外科クリニックでは、メスを使わず二重のラインを形成するプチ整形と、皮膚を切ってラインを作り出す切開法という二重手術を行っています。
二重手術という目的は同じですが、それぞれ効果と特徴に違いがあります。
施術を受けるなら、埋没法と切開法との違いを必ずチェックし、自分に合った施術法を選択する事が大切です。

どちらの施術が自分に合っているか、分からないという場合は、カウンセリングの時に医師に相談してみましょう。

糸で固定して二重になる

埋没法は、まぶたを糸で留めて二重のラインを作る、二重手術の1つです。
糸で留めるといっても、施術前には局所麻酔を施すので、強い痛みを感じる事はありません。
また、施術後も3日ほどでアイメイクができるようになるなど、ダウンタイムの短いプチ整形でもあります。

どんなまぶたでも二重に

切開法は、どんな状態のまぶたでも、二重のラインを作れる点が特徴です。
まぶたの脂肪が厚い場合、糸で皮膚を固定する埋没法は、向いていないとされていますが、この二重手術であれば、余分な脂肪も取り除け、しっかりと二重のラインを形成できます。

留める箇所で効果に違いが?

プチ整形は、糸を留める箇所が多いほど効果が長続きすると言われています。
例えば、1か所だけ留めた場合、まぶたの状態によっては、糸が外れてしまうケースもあるのです。
1点めより2点、3点、4点と留める箇所が多くなればなる程、しっかりとまぶたは固定されます。

メリットとデメリット

埋没法はメスを使わないプチ整形で、ダウンタイムが短く、気軽に受けられる点がメリットです。しかし、場合によっては糸が外れてしまい、元の一重に戻ってしまうかもしれません。
切開法は半永久的に二重のラインをキープできますが、腫れや痛みは長く続きます。

まとめ

このように、埋没法と切開法との違いは顕著です。
メスを使わないプチ整形を受けたいけれど、元の一重に戻るのではという心配がある方は、糸を留める箇所が多いほど効果が長続きするので、留める数などを医師としっかり話し合って、最前の施術法を探してみましょう。
こうする事で、失敗を防げます。

二重手術の口コミおすすめクリニック•美容外科2018

横浜以外の二重整形(埋没・切開)クリニック【市区町村別】

鶴見区/神奈川区/西区/中区/南区/保土ケ谷区/磯子区/金沢区/港北区/戸塚区/港南区/旭区/緑区/瀬谷区/栄区/泉区/青葉区/都筑区/川崎市/川崎区/幸区/中原区/高津区/多摩区/宮前区/麻生区/相模原市/緑区/中央区/南区/横須賀市/平塚市/鎌倉市/藤沢市/小田原市/茅ヶ崎市/逗子市/三浦市/秦野市/厚木市/大和市/伊勢原市/海老名市/座間市/南足柄市/綾瀬市/葉山町/寒川町/大磯町/二宮町/中井町/大井町/松田町/山北町/開成町/箱根町/真鶴町/湯河原町/愛川町/清川村