地域別-二重整形

立川の二重整形(埋没・切開)おすすめクリニック

立川で二重整形(手術)ができるおすすめのクリニックをまとめました!二重整形(手術)の値段も各クリニックによって差があるので、安い二重整形手術ができるクリニックを探している方はぜひ参考にしてください。

立川でおすすめの二重整形(手術)クリニック

湘南美容クリニック

湘南美容クリニック

施術法 料金
ナチュラルベーシック法 両目1点7,350円(税込)
両目2点14,700円(税込)
湘南二重術 両目2点29,800円(税込)
両目3点44,800円(税込)
腫れづらいばれづらい二重術 両目2点90,000円(税込)
フォーエバー二重術 両目191,560円(税込)
クイックコスメティーク法 両目191,560円(税込)
クイックコスメティーク・ダブル 両目(笑気麻酔込)299,560円(税込)

立川の湘南美容クリニックの店舗情報

▼立川院

住所 東京都立川市曙町2-13-1 TK 立川 ビル9F
アクセス
  • JR立川駅北口 徒歩2分
  • 多摩都市モノレール 立川北駅南口 徒歩3分
診療時間 AM10:00~PM7:00 予約制
※診察日についてはお問い合わせください。
休診日 年中無休
予約 >>予約はこちらから<<

詳細ページ公式ページ

立川にあるクリニック情報として、湘南美容外科の二重整形は評判が良いものです。切開法という切る施術は、濃い二重を一生残したいという人には向いています。術後の目元が腫れるのが気になる人には、メスを使わない気軽に受けられる二重術もあり工法です。東京美容外科の病院は、とにかくドクターの質の高さと経験値のレベルの高さが桁違いです。研修医あがりで、その日だけのアルバイト医師が、美容医療の手術をすることもないのも特徴です。

学び続ける東京美容外科の病院

東京美容外科の病院の評判の高さは、学び続けるドクターたちの質の高さにもあります。一人前の形成外科認定医になるためには、医大を卒業してから7年以上もの形成外科医師としてのしっかりとした経験が必要となします。大変厳しいトレーニングを受けているからです。東京美容外科の病院のドクターは、国内だけでの学びではなく、アメリカや韓国、ヨーロッパといった海外における医療研修でも学びの機会を設けています。世界的な最先端医療を学ぶ機会もある、向上心も高いドクターが勢ぞろいしている美容系の医療機関です。広い世界での美容医療を習得しています。

立川の湘南美容外科の魅力

立川の湘南美容外科には、いくうもの魅力的な部分があります。SBCでの二重整形は、まさにそのひとつであり、独自の二重術はSBCの特徴といえる施術のひとつでもあります。二重整形は顔を美しくするためには欠かせない要素ではありますが、ダウンタイムなども気になります。腫れづらいばれづらい二重術などは、二重整形といっても、術後の腫れが少ないですし、まわりにもバレにくい方法です。しかも二重の持ちもよいですし、施術にかかる時間は30分程度という短い時間で終わります。短い時間で目元を変えられる、まさにメイク感覚でできる二重術です。

美容クリニックの選び方と評判

都内の美容クリニックの選び方としては、その美容クリニックの評判も大事にしてリサーチしてみることです。東京美容外科の病院のオススメポイントとしては、なんといってもドクターのレベルが半端なく高いことでしょう。気軽に美容医療を受けたい人には、立川のSBCなども気軽に美容医療の相談をしやすいです。立川院では顧客満足度は80%を超えていますし、二重まぶたやアンチエイジングなどの悩みを相談して。丁寧で確実な施術が期待できます。お顔のお直しだけではなく、女性にとって嬉しい、婦人科系の悩みも相談できます。美容婦人科や婦人科形成の相談も可能です。

埋没法でついにアイプチを卒業

憧れのくっきり二重まぶたになりたくて、毎日アイプチをしているという方は意外と多いです。
アイプチはアイメイクの中でもまぶたへの負担が大きく、きちんとした使い方をしないとかぶれてしまったり、まぶたのたるみの原因ともなります。
目元にコンプレックスがあるのであれば二重手術を検討してみてはいかがでしょうか。
手術にも色々な種類があるので、金額やなりたい目元によって選ぶことが出来ます。
メリット・デメリットを知り、素敵な目元を手に入れましょう。

手軽にできるプチ整形

最近では「プチ整形」と呼ばれる二重手術が人気です。
これは埋没法という手術方法で、まぶたの裏を糸で留めて二重を作るというものです。
まぶたを切って二重を作る切開法よりも、より手軽に出来るので初めて整形手術を受ける方にも人気の方法です。
また切開法のように腫れないのが埋没法の特徴です。
手術後すぐにメイクをすることも可能なので、仕事や家族にもばれずに行えます。
価格もクリニックによって多少差がありますが、1万円前後のところが多いので、学生や専業主婦などからも人気です。
手術時間も施術自体は10分程度のところが多い、とてもお手軽な手術です。

プチ整形のメリットとデメリット

二重手術でも、プチ整形である埋没法はお手軽な反面、デメリットもあります。
それはまぶたを留めた糸が劣化して切れる可能性があるということです。
糸が劣化して切れる可能性があるということは、月日とともに一重に戻ってしまう可能性があるということです。
これは、埋没法の最大のデメリットであるといえます。
逆に、切開法であれば、切って二重まぶたを作り上げるので、その線が薄くなったり一重に戻ってしまうということはありません。
プチ整形をしてみて、線が薄くなったり、糸が切れてしまったという理由で切開法で再手術する方もいるので、しっかりと考える必要があります。

施術までの流れと施術後

施術までの流れと施術後についても知っておく必要があります。
今回は湘南美容外科を例にとってみます。
まずは電話やHPからカウンセリング予約を取ります。
その後クリニックでの医師、カウンセラーとカウンセリングをし、希望する二重の形や幅など細かい打ち合わせを行います。
ここで不安や希望など小さなことでも、全て伝えておきましょう。
施術日にはメイクなど事前に指示が出るので、それらを守り来院します。
施術中は医師に全て任せましょう。
施術後は医師から通院の指示が無ければ、通院の必要はありませんが、何か気になることがあったらすぐに相談しましょう。

埋没法の特徴について

二重手術は、気軽に行なわれている手術のひとつですが、その効果は、短期間で見違えるほど印象が変わることから、プチ整形とも呼ばれているほどです。
そして、二重手術のなかでも、メスを使う切開法と違い、手軽な埋没法では、メスを使用しなくても、自然な二重が実現するという特徴があることから、若い女性を中心にとても人気となっています。
さらに、このようなメスを使用しない施術の後では、まぶたを元に戻す事が簡単なことから、安心感もあります。

埋没法の利点と切開法との違い

二重の手術法である埋没法はプチ整形の代表格で、メスを使わずに気軽に効果的に二重まぶたを実現できるうえ、施術後、すぐに普通の生活を送ることができることが特徴ですが、さらに、施術に不満がある場合には、元に戻す事が簡単なこともメリットとなっています。

二重手術の切開法について

二重の手術の切開法では、メスを使用してまぶたを切開する施術となりますが、メスを使わない施術と比較すると、メスを入れた二重のラインは半永久的にきっちりと持続するという効果があります。
しかし、メスを使用するため、ある程度の期間、腫れる場合があります。

埋没法の施術について

メスを使わない二重まぶたの施術では、短時間で二重まぶたにすることが可能となっています。
その施術方法は、二重のラインとなる皮膚の部分を内側から留めるという施術ですが、髪の毛よりも細い医療用糸と二重専用の針で行なうなど安全性がとても高いことが特徴です。

二重手術の実績の多い病院について

湘南美容外科は、アジアでもっとも二重手術の実績がある病院として知られています。
そして、メスを使わない施術では、たとえ手軽であっても、まぶたの脂肪や厚みなどで、糸を留める場所が変わることから、事前に充分なカウンセリングと丁寧な診察を行なっています。

まとめ

二重手術の埋没法は、思い立ったら手軽に行えるという施術で、メスを使用しないことから、まぶたの腫れや傷を気にすることなく、誰にも気付かれず行えるプチ整形という事で人気ですが、さらに、施術が気にいらない場合でも、元に戻す事が簡単であるということも大きなメリットといえます。

立川以外の二重整形(埋没・切開)クリニック【市区町村別】

千代田区/中央区/港区/新宿区/文京区/台東区/墨田区/江東区/品川区/目黒区/大田区/世田谷区/渋谷区/中野区/杉並区/豊島区/北区/荒川区/板橋区/練馬区/足立区/葛飾区/江戸川区/八王子市/立川市/武蔵野市/三鷹市/青梅市/府中市/昭島市/調布市/町田市/小金井市/小平市/日野市/東村山市/国分寺市/国立市/福生市/狛江市/東大和市/清瀬市/東久留米市/武蔵村山市/多摩市/稲城市/羽村市/あきる野市/西東京市/瑞穂町/日の出町/檜原村/奥多摩町/大島町/利島村/新島村/神津島村/三宅村/御蔵島村/八丈町/青ヶ島村/小笠原村