地域別-二重整形

大阪心斎橋の二重整形(埋没・切開)おすすめクリニック

大阪心斎橋で二重整形(手術)ができるおすすめのクリニックをまとめました!二重整形(手術)の値段も各クリニックによって差があるので、安い二重整形手術ができるクリニックを探している方はぜひ参考にしてください。

大阪心斎橋でおすすめの二重整形(手術)クリニック

湘南美容クリニック

湘南美容クリニック

施術法 料金
ナチュラルベーシック法 両目1点7,350円(税込)
両目2点14,700円(税込)
湘南二重術 両目2点29,800円(税込)
両目3点44,800円(税込)
腫れづらいばれづらい二重術 両目2点90,000円(税込)
フォーエバー二重術 両目191,560円(税込)
クイックコスメティーク法 両目191,560円(税込)
クイックコスメティーク・ダブル 両目(笑気麻酔込)299,560円(税込)

大阪心斎橋の湘南美容クリニックの店舗情報

▼大阪心斎橋院

住所 大阪府大阪市中央区心斎橋筋2-7-18 プライムスクエア心斎橋10F
アクセス
  • 御堂筋線 心斎橋 駅より徒歩4分
診療時間 AM10:00~PM7:00 予約制
※診察日についてはお問い合わせください。
休診日 年中無休
予約 >>予約はこちらから<<

詳細ページ公式ページ

大阪心斎橋といえば梅田でもなく難波でもなくその中心にありアクセスもしやすいのが特徴です。二重整形ができるクリニックも多く、東京美容外科の病院だと梅田のみになりますが、関西でも評判の良い湘南美容外科なら大阪心斎橋院もあり、御堂筋線の心斎橋駅から徒歩で4分の距離なのでショッピングのついでいも最適の立地です。すっぴんでもメイクをしても素敵な目元のままでいられる二重整形はメイク技術だけでは心もとないというひとは、手軽な埋没法の二重整形がおすすめです。

大手のクリニックから選ぼう

二重整形は技術力がものをいうので、できれば東京美容外科の病院や湘南美容外科のように症例数がぐんを抜いて多い大手のクリニックが安心です。しかし東京美容外科の病院は大阪だと梅田院のみなので、心斎橋でクリニックをさがすなら湘南美容外科が良いでしょう。
大阪心斎橋の院長先生は美容外科ならではといえるような若いきれいな男性医師ですが、大阪大学の医学部出身で以前には心臓外科医としても活躍されていたという経歴もあり、技術的にはとても高いものをもっているといえるでしょう。さらには看護師やカウンセラーのサポートも手厚いのが特徴です。

症例数をもとにした選び方

大阪心斎橋院には7人もの医師がいるのでそれぞれの専門や得意分野からぴったりの医師に施術をしてもらうことができます。二重整形ですとホームページには実際の手術例の写真が毎日更新されており、掲載されている枚数はなんと10万を超えるなど圧倒的で評判も高いです。しかもそれに加えて、執刀した医師の名前も明記されているので評判の良い医師も一目でわかり、自分がなりたいタイプの二重を見つけてカウンセリング時に相談をすれば話も早いでしょう。この症例数はアジア圏でもっとも多い数で、長年にわたって年間14000人以上の施術を続けてきたクリニックです。

切開なしでもぱっちり

二重整形だとメスを使用するので怖い印象があるかもしれませんが、湘南美容形成外科なら糸をところどころに埋め込むだけでぱっちりした目元をつくることができ大人気の施術となっています。もともと二重整形が増加したきっかけはこのクリニックの手軽な手術、2DAYSクイック法だったこともあり二重整形では老舗のクリニックといえ信頼感も高いです。両目1点の料金が7350円とお手頃価格で、施術もすぐに終わりダウンタイムが短いことも一般的な特徴ですが、まぶたの腫れぼったさも切開をしなくても埋没法で改善できるのもオススメポイントです。

アイプチはもう必要なし!全切開で憧れの二重に

湘南美容外科が行う二重手術には埋没法と切開法がありますが、まぶたの状態やなりたいイメージ、ダウンタイム、傷跡、費用などを考慮して手術方法を決めることが出来ます。埋没法はメスを使わないプチ整形の代表ともいえますが、過去に埋没法の二重手術を受けて一重に戻ってしまった方やまぶたが厚くて取れてしまう可能性がある場合は眼窩脂肪が多いことが考えられます。眼窩脂肪が多い人は、たくさんの眼窩脂肪を除去する必要があるため、切開法の選択をおすすめします。

埋没法のメリット・デメリット

プチ整形の代表、埋没法のメリットはメスを使わず、手術も短時間で終了することができます。メスを使用しない為、手術後の腫れも少なく、傷跡も残りません。切開法より費用も低く設定されており、万が一二重のラインが気に入らない場合は元に戻すことや再手術を行うこともできます。一方、デメリットとしては時間の経過と共に二重のラインが浅くなったり、まぶたの厚い方の場合は一重に戻ってしまうこともあります。また、まぶたの状態や目の形(蒙古ヒダなど)によっては並行型や幅広のラインなど希望通りの二重を作ることが難しいこともあるでしょう。

切開法のメリット・デメリット

切開法のメリットは、まぶたの余分な脂肪を取り除き、すっきりとした二重を手に入れることができる点や、幅の広い二重や欧米人の様なはっきりとした二重ラインにも対応できるという点です。眼窩脂肪が多い人は、たくさんの眼窩脂肪を除去する必要がある為、この方法を選択する場合が多いです。デメリットとしては、プチ整形の埋没法と比べてダウンタイムが長いことや腫れが強く出ること、費用が高く設定されているという点です。また、抜糸をするため1週間前後の通院が必要です。抜糸後徐々に腫れは落ち着いていきますが、完全に引くまでには1~3ヶ月程かかります。

二重手術、施術までの流れは?

どちらの方法も、施術前には必ずカウンセリングを受ける必要があります。施術までの流れは、まずカウンセリングの予約をとり、希望する手術方法やイメージを伝え、費用やダウンタイムの期間などの説明をしっかりと受けます。後でトラブルにならない為にも、すべて納得した上で施術を受けるようにしましょう。アイプチで二重を作ることもできますが、まぶたはデリケートなので毎日使用を続けるとまぶたの皮膚が伸びたりかぶれてしまうこともあります。アイプチを卒業して二重手術を受けることで、理想どおりの二重を手に入れてみてはいかがでしょうか。

全切開をして二重にすると目もとをすっきりできます

一重の人や目もとが厚ぼったく二重がはっきりしていない人は、二重手術のプチ整形をすることで理想的な二重を作ることができ、目もとをすっきりさせることができます。二重手術にはいろいろな方法があるので、まぶたの脂肪の厚みやどのような二重を作りたいのかということを相談して決めていく必要があります。二重手術の中でもプチ整形と言われるものは手軽に行う事ができますが、二重の耐久性が弱いということがデメリットです。半永久的な二重は切開法で手に入れることができます。

一般的な二重手術の方法とは

一般的な方法として埋没法と切開法をあげることができます。どちらもまぶたに施術をすることで二重にする効果があります。埋没法は二重をとめている糸が切れると元に戻る特徴があり、切開法はメスをいれるので半永久的な二重を作る事ができるという特徴があります。

部分切開と全切開の違いとは

部分切開と全切開の違いは、どのくらいメスを入れるかです。部分切開は部分的にメスを入れて脂肪を取り除いていきますが、全切開は二重にする全体にメスを入れて、脂肪を取り除いていきます。部分切開に比べて全切開は、よりはっきりした二重を作ることができます。

部分切開と全切開のダウンタイム

部分切開と全切開の大きな違いは、ダウンタイムの期間です。部分切開は強い腫れが一週間ほど続きますが、全切開は二週間ほど続きます。部分切開に比べて全切開は脂肪をたくさん取る事ができるので、くっきりした二重を作る効果があります。

湘南美容外科でのカウンセリング

湘南美容外科では二重手術を行う前にカウンセリングを行っています。カウンセリングでは二重の希望を聞いたり、実際の目を見て最適な方法を紹介します。しかし人によって料金やダウンタイムの期間への希望などが違うので、希望に一番合った方法を勧めることが多いです。

まとめ

二重手術には埋没法と切開法がありますが、切開法の中にも部分切開と全切開があります。部分切開よりも全切開の方が、目もとをすっきりさせることができ二重をくっきり作ることができます。まぶたが厚ぼったい人には全切開を行う事で、綺麗な二重を作ることができ、魅力的な目元を作ることができます。

大阪心斎橋以外の二重整形(埋没・切開)クリニック【市区町村別】

大阪市/都島区/福島区/此花区/西区/港区/大正区/天王寺区/浪速区/西淀川区/東淀川区/東成区/生野区/旭区/城東区/阿倍野区/住吉区/東住吉区/西成区/淀川区/鶴見区/住之江区/平野区/北区/中央区/堺市/堺区/中区/東区/西区/南区/北区/美原区/岸和田市/豊中市/池田市/吹田市/泉大津市/高槻市/貝塚市/守口市/枚方市/茨木市/八尾市/泉佐野市/富田林市/寝屋川市/河内長野市/松原市/大東市/和泉市/箕面市/柏原市/羽曳野市/門真市/摂津市/高石市/藤井寺市/東大阪市/泉南市/四條畷市/交野市/大阪狭山市/阪南市/島本町/豊能町/能勢町/忠岡町/熊取町/田尻町/岬町/太子町/河南町/千早赤阪村