地域別-二重整形

京都の二重整形(埋没・切開)おすすめクリニック

京都で二重整形(手術)ができるおすすめのクリニックをまとめました!二重整形(手術)の値段も各クリニックによって差があるので、安い二重整形手術ができるクリニックを探している方はぜひ参考にしてください。

京都でおすすめの二重整形(手術)クリニック

湘南美容クリニック

湘南美容クリニック

施術法 料金
ナチュラルベーシック法 両目1点7,350円(税込)
両目2点14,700円(税込)
湘南二重術 両目2点29,800円(税込)
両目3点44,800円(税込)
腫れづらいばれづらい二重術 両目2点90,000円(税込)
フォーエバー二重術 両目191,560円(税込)
クイックコスメティーク法 両目191,560円(税込)
クイックコスメティーク・ダブル 両目(笑気麻酔込)299,560円(税込)

京都の湘南美容クリニックの店舗情報

▼京都院

住所 京都府京都市下京区四条通柳馬場東入立売東町12-1日土地京都四条通ビル5階
アクセス
  • 地下鉄鳥丸線 四条駅 徒歩3分
  • 阪急京都線 河原町駅 徒歩3分
診療時間 AM10:00~PM7:00 予約制
※診察日についてはお問い合わせください。
休診日 年中無休
予約 >>予約はこちらから<<

詳細ページ公式ページ

東京美容外科の病院のように、医療業界のベテランが集結した美容外科は、初めての利用であっても信頼がしやすいです。まるでエステサロンでお手入れできる感覚で利用できるのが、湘南美容外科 の良いところでもあります。京都院では、目元の二重整形の評判も良く、女性だけではなく男性でも関心を持つ人は増えています。男性には嬉しいことに、男性専用のクールで落ち着いた立会室があるため、緊張することもなくクリニックの利用ができます。

東京美容外科の病院と信頼について

東京美容外科の病院は信頼も高いことでも定評があります。美容医療は昔よりもハードルが低くなってきたとはいえ、メスを用いた手術などはリスクがつきものです。施術内容をドクターやカウンセラーから説明は受けたものの、理解としてはなんとなくということもあります。でも、本当にわかっての納得ではないケースだと、不安はついてまわります。そんな悩みに対しても、手術内容はより具体的に、美容の仕上がりのイメージまで丁寧に説明があります。費用面にしても、手術をしたあとのリスクまで、本当に納得できるように説明をしてくれるため、安心感がもてます。

湘南美容外科京都院と二重整形

湘南美容外科京都院評判として、種類も選ぶことのできる二重整形があります。特徴としては、腫れづらい二重術にも定評があって、SBCではもはや、スタンダードな埋没法として施術が行われています。二重には憧れがあっても、手術をすれば目元が腫れるのは覚悟の上でしょう。しかしSBCでは、術後も腫れづらくて、しかももちがいい二重術を実現してくれる施術です。掛かる時間も、わずか30分ほどという短い時間で終わります。ですから美容外科を利用するといっても、まるでメイクをするような感覚で、憧れの二重の美容術を受けることができます。

京都のクリニックの選び方

東京美容外科の病院のように、誠実さと実績のある美容外科は、多くの人から支持されるのは当然のことでしょう。宣伝でも知られるSBCは、クリニックとして敷居が高くないため、利用しやすいです。京都院のオススメポイントとして、メンズにも利用しやすいことで評判が良いです。男性限定の待合室が完備されているため、待つ時間もリラックスして過ごすことができます。今や男性も外見は、ビジネスシーンでも軽視することはできなくなってきました。ですから、SBCの男性にも利用しやすい美容医療は評判も良いですし、ヒゲ脱毛などは人気が高いです。

全切開の二重整形術で、綺麗な二重ラインを手に入れる

最近は二重手術と言うとメスを使わない埋没法を希望される人が多くいます。確かにプチ整形である埋没法は元に戻せるという安心感や、ダウンタイムが少ないという気軽さがありますが、どのような瞼の方でも理想の綺麗な二重ラインを実現できるのは、何と言っても切開法です。
切開法には全切開と部分切開がありますが、中でも全切開は瞼の脂肪の厚い方や皮膚がたるんでしまったという方でも、綺麗な二重ラインを手に入れることができます。
二重手術の雄、全切開法について、その施術までの流れやどのような方に向いているのか、メリット、デメリットなどについて見ていきましょう。

全切開の概要と施術までの流れ

全切開は二重にしたいラインに沿ってメスを入れ、人によって瞼の脂肪などを除去した後、再び縫い合わせることで二重を形成するものです。二重手術の中でも最もしっかりと二重ラインが形成できる施術と言えます。
まず二重手術を希望される方は最初にカウンセリングを受けます。例えば湘南美容外科ではこのカウンセリングでその方の希望する二重の形状と瞼などの状態を見て、埋没法にするのか、それとも切開法が向いているのか患者さんと話し合って決めています。そして、やはり全切開が一番ということになれば、そこで手術ということになるのです。手術は30分程で終わります。

どのような人に向いているのか

全切開が向いているのは、瞼が厚い方、皮膚がたるんでいる方、過去に埋没法を受けたけれど二重のラインが戻ってしまった方、などです。眼窩脂肪が多い人は、たくさんの眼窩脂肪を除去する必要があるので、そうした方は全切開以外の施術はできません。また、幅の広い、ハッキリした二重をお望みの方にも向いている施術です。全切開は希望する二重のラインに沿って切開するので、自由にラインを形成することができるのです。ですから、瞼が厚くて埋没法では並行二重が作れない、という方でも全切開でしたらハーフの方のようなクッキリ二重を実現できるのです。

メリットとデメリットについて

全切開のメリットは、何と言っても持続力の高さです。施術時の二重ラインが半永久的に持続します。プチ整形では二重ラインが戻ることもあるのですが、全切開でしたらそのような心配はありません。また、眼窩脂肪が多い人は、たくさんの眼窩脂肪を除去する必要があるのですが、こうした脂肪除去にも対応できます。
デメリットはやはりプチ整形と違い元に戻すことが難しいことです。また、ダウンタイムが長いことも難点でしょう。
しかし、全切開はどのようなタイプの瞼の持ち主でも二重形成を実現できる優れた施術です。自分に合った施術で、綺麗な二重ラインを手に入れてください。

全切開法という二重手術の特徴

湘南美容外科は様々な美容整形を行っている、クリニックです。
数ある施術の中でも、特に人気なのが二重ラインを形成する手術で、ここではプチ整形とメスを使うふて手術、両方を行っています。

埋没法というプチ整形は、皮膚を切開する事はありません。
しかし、糸でまぶたの皮膚を固定しているだけなので、場合によっては一重まぶたに戻るケースもあります。
一方、メスを使う切開法の場合、一重に戻る心配がないので、確実性を求める方に選ばれています。

メスを使わない手術の特徴

湘南美容外科では、埋没法といプチ整形を行っています。
この手術は二重手術で、メスを使わない事から気軽に受けられると人気です。
医療用の糸で、まぶたの皮膚を固定する事によって、二重のラインを作り出します。
切開しないので、痛みが少ない点が特徴です。

憧れの二重になれる手術

切開法はまぶたの皮膚をメスで切開し、二重のラインを作り出す手術です。
少しだけ幅を広げる手術の他に、西洋人のような幅の広い二重を作れる手術など施術法も様々です。
理想の二重になれる手術として、この方法を選択する方も少なくありません。

二重手術で得られる効果

二重手術では、一重まぶたや奥二重といった厚ぼったいまぶたも、二重になれるという効果を得られます。
まぶたの脂肪が厚すぎるという場合は、脂肪を除去する手術をプラスするケースもあるようです。
二重まぶたになる事で、目が大きく見える効果も感じられるでしょう。

二重手術法の違いとは

二重まぶたを形成する手術には、メスを使わない方法と、メスで皮膚を切開して二重ラインを形成する、2つの方法があります。
メスを使わない手術は、一重に戻るケースもありますが、皮膚を切ってラインを作った場合、一重に戻る心配がないという点がメリットです。

まとめ

埋没法は皮膚を切らないという点がメリットですが、まぶたの状態などで元の一重に戻る場合があります。
切開法は、しっかりと皮膚を切ってラインを作るという施術の違いがあり、半永久的に二重のラインをキープできる二重手術です。
どちらを受けるかは、医師に相談して決めましょう。

京都の二重整形(埋没・切開)クリニック【市区町村別】

京都市/北区/上京区/左京区/中京区/東山区/下京区/南区/右京区/伏見区/山科区/西京区/福知山市/舞鶴市/綾部市/宇治市/宮津市/亀岡市/城陽市/向日市/長岡京市/八幡市/京田辺市/京丹後市/南丹市/木津川市/大山崎町/久御山町/井手町/宇治田原町/笠置町/和束町/精華町/南山城村/京丹波町/伊根町/与謝野町