二重整形は安い値段でも安心?二重手術の費用相場とおすすめクリニック

二重整形

おすすめの二重整形(手術)クリニック

湘南美容クリニック

湘南美容クリニック

施術法 料金
ナチュラルベーシック法 両目1点7,350円(税込)
両目2点14,700円(税込)
湘南二重術 両目2点29,800円(税込)
両目3点44,800円(税込)
腫れづらいばれづらい二重術 両目2点90,000円(税込)
フォーエバー二重術 両目191,560円(税込)
クイックコスメティーク法 両目191,560円(税込)
クイックコスメティーク・ダブル 両目(笑気麻酔込)299,560円(税込)

詳細ページ公式ページ

東京美容外科

東京美容外科

施術法 料金
埋没二重クイック 両目トライアル1点:15,000円
両目2点:55,000円
埋没二重スタンダード 両目1点:70,000円
両目2点:130,000円
切開二重(全切開) 片目:200,000円
両目:250,000円

詳細ページ公式ページ

聖心美容クリニック

聖心美容クリニック

施術法 料金
2点留め法 両目:115,000円
マイクロメソッド+α
(PVDF)
両目2点:165,000円
両目3点:185,000円
両目4点:205,000円
切開法(部分切開・全切開) 両目:300,000円

詳細ページ公式ページ

ガーデンクリニック

ガーデンクリニック

施術法 料金
埋没法(ナチュラル法) 20,000円~100,000円
脱脂(マイクロカット法) 180,000円
全切開法 400,000円
眼瞼下垂手術 200,000円~400,000円

詳細ページ公式ページ

表参道スキンクリニック

表参道スキンクリニック

施術法 料金
スタンダードクイック 両目2点:18,000円
両目3点:30,000円
スーパースタンダード 両目2点:36,000円
両目3点:55,000円
1dayナチュラルデザイン 両目2点:120,000円
両目3点:160,000円
全切開 両目:270,000円
全切開ナチュラルデザイン 両目:460,000円

詳細ページ公式ページ

二重整形(手術)の口コミ

まいみ
まいみ
年齢:30代
二重整形の施術法:埋没法
二重整形にかかった金額:10万円
毎日アイプチを使って二重を作るのは面倒だし瞼が荒れて痒くなるので、思い切って二重整形をしようと思い手術をしました。手術中は麻酔が効いているので痛みはありませんでしたが、瞼を触る感覚はあるので少し気持ち悪く感じていました。手術が終わった後は多少腫れていましたが、クリニックでアイスノンを貸してもらえたので30分ほど冷やしたら、だいぶ腫れが収まりました。他の患者が数人いましたがサングラスや眼鏡等を持ってきていたので、私も帽子等で顔が隠せる物を持ってくればよかったと後悔しました。術後1週間くらいはメイクやクレンジングの時に瞼を触らないように気をつけて生活していましたが、痛みは全くありませんでした。元々アイプチで二重にしていたので周りの反応は全く変わりませんでしたが、アイプチで二重を作らなくても良くなったので毎日ラクになったし、メイクをするのが楽しくなったので手術をして本当に良かったと思っています。
ミキティ
ミキティ
年齢:30代
二重整形の施術法:埋没法
二重整形にかかった金額:8万円
二重整形をしようと思ったきっかけは、30歳を過ぎて本気で婚活をしようと思ったからです。
手術後は少し腫れましたが、仕事に支障はなく、休む必要もなかったです。めがねを掛けていたせいか腫れに気づく人もほとんどいませんでした。腫れが引いたあとは、整形前はアイプチをしていたので、整形したことが周りにばれることもありませんでした。
目の印象が少し変わったねと言われた時はメイクを変えたと言えば納得してもらえたので疑われることもなかったです。
自分ではきれいになれたと思っているので満足してます。またアイプチより自然な仕上がりになったのと、素っぴんに自信がもてるようになりました。
婚活も成功して整形前より幸せになれました。
ふー
ふー
年齢:20代
二重整形の施術法:埋没法
二重整形にかかった金額:17万円
昔から一重だということにコンプレックスを持っていて、高校を卒業したあたりからアイプチをするようになりました。就職してからは毎朝10分以上かけて二重にしても、汗をかきやすい仕事なので途中で一重に戻ってしまったり、とれてしまっているのではないか、とハラハラしてしまうのが嫌で埋没をうけることを決めました。
2連休しかとれないので、ダウンタイムが短いと口コミの高いところで施術したので腫れは2日くらいでほとんどひき、3週間程で視界は良好でした。
二重になってからアイメイクの幅も広がり色々試すこともできるようになり、アイメイクの時間は短縮することができています。職場の人以外には整形したことを言っていないのですが誰にも違和感を言われたことがないので自然なのだと思います。
ララ
ララ
年齢:20代
二重整形の施術法:埋没法2点止め
二重整形にかかった金額:8万円
幼い時は二重だったのに年を重ねるにつれ一重になってしまったのがコンプレックスだった為に埋没法を受けました。
切開法もう考えたのですが、やはりメスを入れるのが怖いのと、ダウンタイムが結構かかるみたいなので、やめました。
術後はそこまで腫れずに1週間程度でした。
普段からアイプチをしていたので周りから違和感は特になく、自分から話さないと気づかない人ばかりでした。
何よりも普段のメイクがとても楽になりました。
ただ私の場合は左側が網膜剥離をもともと落としていたみたいで、1年ほどですぐに取れてしまいました。
保証期間が2年あったため取れたたびに繰り返したのですが、糸が溜まるだけで根本から治さないと意味がないとのことだったので、近々他の病院で永久的なもので再度受けるつもりです。
まゆ
まゆ
年齢:30代
二重整形の施術法:埋没法
二重整形にかかった金額:3万円
アイプチが面倒になったからしました。
高校生の時で、アルバイト代を貯めて電話予約をしてから福岡県のクリニックまで行きました。
担当医から手術の内容の説明があり、同意書を書きます。手術時間は10分もかかってないと記憶しています。痛みは麻酔を打つときくらいです。瞼の表裏に打つので少し怖かったです。術後はパンパンに腫れはしないですが少しだけ鈍痛みたいなものはありました。1週間もあれば完全に腫れは引きます。
術後はメイクは1週間禁止でしたが学生だったのでなんの不都合もありませんでした。その1週間はばい菌が入らないようにだて眼鏡をかけていました。良かった事はアイプチしなくて済むのでメイクが楽になりました。
周りもアイプチの自分に慣れていたので気付かれていないです。20年以上前の事ですが、現在も二重は崩れていないです。
けいこ
けいこ
年齢:30代
二重整形の施術法:埋没法
二重整形にかかった金額:3万円
私が二重成形をしようと思ったきっかけは、大学生になった時に、都会の華やかさに圧倒されて、自分はどんなに地味なんだろうと思ったのが一番のきっかけです。そこでずっと一重でしたが特に嫌だという気持ちがなかったですが、やっぱり目が大きい方がかわいいよなと思って気軽な気持ちで雑誌の一番最後のページに載っていた施術ができるとことに予約してやってみました。
手術は怖かったですが、とても早く終わって、しかもあまり痛くなかったので良かったです。ただ、その日は一日中別途の上で寝ていたのを覚えています。
二重成形をしてから、着る洋服ががらっと変わりました。以前よりも派手になりましたし、次文に次心が持てたような気がしてとてもイキイキした毎日を送っていました。二重成形を両方飲めを行いましたが、片方は取れてしまったのでまた行おうと思っています。
周りの反応は特に無いですが、そこまで幅を広くとってはいなかったので、自然と二重になったというような感じで濁して伝えていました。なので、本当のことは誰にも伝えていません。

二重整形は大きく分けて埋没法と切開法の2種類ある

二重整形 埋没法 切開法
二重整形は、まぶたを糸でとめて二重にする埋没法と、メスでまぶたを切る切開法の2つの施術方法があります。
埋没法と切開法の施術内容や、ダウンタイム、値段の相場など詳しく解説していきます。

埋没法とは?

埋没法
埋没法はまぶたに医療用の細い糸を使い、皮膚を上に引き上げることで二重にする方法です。アイプチのような感覚に似ていると言えます。施術の途中でメスを使う手順がないので腫れが少なく、非常に短い時間で終了します。

料金もメスを使う切開法に比べて安くすみますし、手軽なことから今一番人気がある整形です。整形の中では不安の少ない施術方法と言えます。

埋没法のダウンタイム

ダウンタイムというのは施術を行ってから腫れがおさまるまでの時間のことをいいますが、埋没法のダウンタイムは数日でおさまるのが一般的です。個人差はありますが、切開法ではメスを利用するため傷口が広く、皮膚を修復するのに時間がかかります。

それにくらべ埋没法であれば2、3箇所を糸でとめる方法をとるので、傷が小さく少なく済むからです。腫れている間は安静にしていることが推奨されますので、自宅などで静かに過ごすとよいでしょう。

埋没法の値段の相場

埋没法の値段は切開法に比べると断然安いお値段となっています。相場で言えば切開方が20万から30万ほどなのに対し、埋没法は8万円ほどで済みます。料金が安いことで埋没方が切開法よりも劣るかといえば、特にそういったことはありません。

むしろ手術の時間も切開法では1時間以上かかるのに対し、埋没法では短ければ10分ほどでできてしまうほど早いため、施術を受ける側も行う側も負担が少なくなっています。その為その分のコストパフォーマンスが料金に反映された結果の価格だと言えるでしょう。

切開法とは?

切開法
では切開法とはどんなものでしょうか。埋没法とはどういった違いがあるのでしょうか。切開法の特徴は、埋没法に比べてくっきりとした二重ができることにあります。切開法で行った施術は皮膚を切るので、半永久的に二重を持続することができます。埋没方は時間の経過や皮膚のたるみなどの変化によって、施術した部分が埋没してしまうこともあるため、人によっては持続にも限界があるということです。

部分切開法

切開法によってまぶたを二重にする方法には全切開法と部分切開法の二つがあります。全切開がまぶたに沿って目元から目尻にかけて一直線に切開するのに対し、部分切開はまぶたの中央部だけ小さく横筋にメスを入れる方法です。切開としては切る量が少なくて済みますが、埋没法に比べるとしっかりとした二重のまぶたを作ることができます。

部分切開法のダウンタイム

部分切開法のダウンタイムは、全切開法と埋没法の中間ほどの長さになります。腫れがおさまるまでの時間は一般的に一週間ほどと言われていますが、腫れのピークは施術三日程度になります。やはりメスを入れていることもあり完全に落ち着くまでには3ヶ月ほどみておくと良いでしょう。

腫れが辛い時は氷で冷やすなどしてなるべく静かに過ごすことがすすめられています。埋没法に比べるとやはり少し負担が大きくなりますが、確実な成果と料金との釣り合いを考えると、検討するに十分適した方法の一つです。

部分切開法の値段の相場

部分切開法の相場は25万程度と言われています。ちょうど埋没法と全切開法の中間ぐらいにあたります。ただし埋没法の欠点となる効果の持続性の問題と、全切開法の高額な値段と身体的な負担を考えると費用対効果がかなり高くなっています。せっかく手術をしても戻ってしまってはもったいないですし、気軽だからといってなんども受けられる手術ではありません。

また全切開は傷がおさまるまでかなりの時間もかかるため、通学や仕事をしているとなかなか難しい面もあるからです。それに対して部分切開は両方の良いところを取り込んだ効率のいい手術法と言えるでしょう。

全切開法

全切開法はもっとも時間と料金がかかり施術を受けるひとにも負担がかかる方法です。ではその中でもあえて全切開法を選ぶメリットはなんでしょうか。全切開法は先ほども述べた通り、確実にきれいな二重まぶたを作ることができます。そしてまぶたの脂肪を多く取り除くことが可能で、同時にまぶたの腫れぼったい感じを取り除く施術を行うことも可能です。気になる点を完璧にすべて解消したい場合、それができるのが全切開法となります。

全切開法のダウンタイム

全切開法のダウンタイムは腫れが1~2週間で、完全に落ち着くまでは3ヶ月から6ヶ月かかると言われています。一度に完全なまぶたを作るには一番確実で効果の高い方法です。しかしながら完全に落ち着くまでどうしても長い時間がかかるので、場合によっては通学や仕事を長期休む必要もでてくる可能性があります。気軽にというわけにはいきませんが、コンプレックスを完全に無くしたい・なりたい自分に絶対になりたいという人には、もっとも効果的な施術となっています。

全切開法の値段の相場

全切開法の値段の相場は、20万から30万ほどになっています。二重まぶた手術の中ではもっとも高額です。ただし上述したとおり、他の施術とは異なり単にまぶたを二重にするだけの施術という訳ではありません。まぶたの脂肪やたるみといった、まぶたのラインそのものだけでなくまぶたそのものの問題も同時に解決することが可能です。そして半永久的な二重まぶたを確実になります。一番なりたいまぶたを手に入れるには最適な方法なのです。

自分に向いているのは埋没法と切開法どっち?

埋没法 切開法
それぞれの手術にはそれぞれの特徴があります。価格が安く負担も少ない分、効果も限定される埋没法。効果は高く費用も負担も大きい全切開法。それぞれあったものをうまく選択するのが大切なポイントとなります。

まぶたを切らない「埋没法」が向いている人

  • 痛いのが苦手で手頃に手術をしたい人
  • 時間をかけたくない人
  • メスを入れるのは怖い人
  • まぶたが薄い人

まぶたを切る「切開法」が向いている人

  • 確実に二重にしたい人
  • まぶたが厚い人
  • 以前に埋没法をしていたけれど二重が取れてしまった人

二重整形の値段について

二重整形 値段
今日、二重の整形は他の体の部位の整形よりも安価な上に患者の手術による支障や負担が少ないため、手軽に受けられる整形という評判が広がっています。そのため、二重整形は「プチ整形」等と称され、それを受ける人々が増えてきています。

二重整形は保険適用外

いくら値段がお得と言っても、二重整形の相場は大体5~30万程です。一般の方が簡単に決断できる額ではありません。さらに、二重整形には基本的に保険がききません。美容目的の整形ならば、まず保険がおりることはないでしょう。なぜなら、二重の整形は自由診療であるからです。

つまり、瞼が重くて目が開けられなかったり、逆さ睫であるために目に傷がついてしまったり等の、普段の日常生活に支障ををきたしている場合でない限り、生きる上では二重整形を受ける必要に迫られないためです。

整形費用が高い理由

そもそも、病院で手術を受けること自体にとてもお金がかかる上、二重整形は、ただメスを入れたり瞼の脂肪を除去したりするだけでなく、手術前のクーリングや手術による腫れを抑えるための薬等にもお金がかかるのです。さらに、これは任意である場合が多いですが、より手術による痛みを軽減するための段取りにかかる費用も追加してかかること等が理由として挙げられます。

二重整形を値段だけで選ぶのはやめた方がいい!?

二重整形 値段
より費用を軽減して、手軽に二重整形を受けるための方法を模索する人も多いでしょう。探せば、手術費用があまりかからないクリニックや、任意の段取りを飛ばして費用を軽減できるクリニックが、大体どこにでも見つかります。しかし、あまり安すぎるクリニックに飛び込んで行くことは自殺行為です。

安いからいいわけではない

手術費用が安いことを一番の売りにしているクリニックは、安さだけが売りである可能性が高いため、手術を受けても効果が長持ちしなかったり、術後の瞼の腫れなどの症状に対応してもらえなかったりなど、かなり適当なクリニックであるかもしれません。

そうでなくても埋没法と切開法という2つの方法があり、安い方の埋没法を受けても、切開法よりも効果は長持ちしません。高くても長持ちする切開法を選ぶのが、遠目に見るとお得だという見方もあります。

クリニックによって値段に差が出る理由

一つは、クリニックによってその信頼度が異なる点にあります。患者の数は、多い人では一日に300人の整形をする医師もいます。そうなると、患者の数が多い医師は信頼度が上がり、手術を受けたいという人が増え、結果的にその値段があがります。

逆に、患者の少ない医師は、手術費用を下げて患者を集めるしかないのです。結果、クリニックによって値段が異なるようになるのです。もちろん、すべてがそうとは限りませんが、概ねはこの理由です。

二重整形をするクリニックの選び方

二重整形 クリニック 選び方
二重整形とひと口に言っても、それにかかる費用はクリニックや施術方法によってピンからキリまであります。安心安全な手術をお望みならば、それなりのお値段が伴うのです。更に注意すべき点は値段だけではありません。そのクリニックが、いかに患者のために考えているかも大事なポイントとなります。

予算に合ったクリニックと施術方法を選ぶ

いくら値段が高い方がサービスが良いと言っても、料金が高ければ高い方が良いとも限りません。むやみに費用の高いクリニックを探していると、自分の経済の範疇を越えた医師に料金を払わなければならなくなります。

まずは、信頼度の高い医師を探し、その中から自分の予算にあった値段で整形を受けれるクリニックを探すことが最善です。また、二重整形には埋没法と切開法の二つが施術方法としてあります。埋没法は5~10万円、切開法は20~30万円程が平均としてかかりますが、埋没法には効果が長持ちしないというデメリットがあることを念頭に踏まえて選択することが大事です。

術後の保証やアフターフォローを確認する

二重手術の保障内容も各クリニックによって大きく異なります。二重整形にもクリニックによって様々な特徴がありますが、そのくわしい手術方法によって保障期間が大きく異なります。術後一年程度は大体のクリニックが保障していますので、それを踏まえたうえで、二,三年は保障してくれるクリニックを探すのが良いです。また、アフターフォローも重要な着目点と言えます。いくら、安心安全な整形という宣伝を聞いても、アフターフォローの項目が手術内容に記載されていなければ、手術は受けるべきではありません。二重整形を綺麗にできる医師の数は、決して多くないのが現状です。しっかり、その医師に任せて良いか、保障やアフターフォローまでサービスが行き届いているか確認することが重要です。

クリニックの雰囲気や看護師の対応を見る

値段や手術内容も重要なポイントですが、そのクリニック自体の雰囲気も注意深く観察する必要があります。ここで重要なのが、カウンセリングで、医師がどれだけ患者に親身になってくれるかで、術後の二重の完成度は大きく異なります。また、患者の要求内容にただ頷くだけの医師も信用できません。

患者の要求内容のどこが実現可能か、そのデメリットはどんなことか、それによってどんな二重が形成されるのか等くわしく手術内容について解説してくれる医師が、一番安心できます。要するに、カウンセリングによって医師とより意思疎通し、術後のイメージがお互いに固められるような状況があるということです。また、そこで働いている看護師にも着目するといいでしょう。いい加減な医師の下で働いている看護師は、当人もてきとうな人が多いです。よく観察してみましょう。

二重整形の名医を探す方法

二重整形 名医 探す方法
整形外科医は、信用のできる医師が少ないのが現状です。なぜなら、整形外科医になった人間の中には、「整形なら他の手術より楽に儲けられる」「人の命までを預かる必要がなくて済む」等の理由でその道を選択した医師も少ないくないからです。このような理由で整形外科医になった医師は、大抵信用なりません。

二重整形の名医とは

確かに、技術や保障がしっかりされているのなら担当医師についてさほど気にする点にはならないかもしれません。しかし、医師になる上で、楽な方に逃げようと考える人間がしっかり仕事をこなせるかというと、否です。そういう医師は、まず患者の事を患者とは思っていないでしょう。彼らにとって、患者はお金の徴収源でしかないのです。

そんな整形外科医の中で、良い医師だと呼ばれるのは、長年キャリアを積んでおり、経験豊富で信頼の高い医師です。病院の宣伝内容に、10年以上整形外科医をやっている医師と記載されていれば、信頼度は大幅に上がります。逆に、そういった長所がなく、技術だけを提示している若い医師はあまり信頼できると言えません。また、良い医師は、統率力のある医師でもあります。医師の統率力が良ければ、院内で働く看護師や受付嬢の雰囲気も丁寧になります。

二重整形の名医を探すときの注意点

二重整形を受ける時は、お金目的だけで運営している医師に騙されないようにすることが重要です。また、必ず医師に確認するべきなのは、術前と術後のビフォアアフターの例を写真等で見せてもらえるかということです。クリニックによっては、そのクリニックのホームページに記載されている場合もあります。

それが提示されない場合は、経験のない医師か、いい加減な医師であることが窺えます。さらに、その比較写真自体にも注意して目を向けることが大事です。比較写真を見て、「これは良さそうだ」と安易に思ってしまうことは危険です。その写真の中のモデルが、術前はノーメイクで、術後には整形した上でメイクまでしていると、印象は通常より大きく違って見えます。こういう詐欺的な方法を使ってる医師は、かなり信頼できません。

名医を探す上では、このような詐欺的な医師の中から本当に信頼でき、患者のことを理解してくれる医師を探しださなければなりません。医師の中には、最初に安い料金を提示し、いざクリニックに患者が訪れると、高い料金を執拗に勧めてくる人も最近では少なくありません。そのような医師に騙されないようにすることが、良い二重整形への最善の道と言えます。

二重整形のクリニックのサイトで見るポイント

二重整形 クリニック
二重整形についてインターネットで探す場合、そのクリニックのサイトはごまんとあるわけですから、騙されやすい情報に惑わされないようにすることが大切です。まず初めに注目する点は、担当する医師の顔写真が載っているかということです。その写真によって、医師の大体の年齢や雰囲気が確認できます。

もちろん、写真は加工されたものも混じっているわけですから、それを過度に信頼するのはあまり良くありませんが、その写真から医師がベテランかどうか程度は窺えます。次に、その医師の信頼できるかどうかをサイト上から確認します。

サイトに、料金だけが完結に載っている他、患者に対するメリットやいかに担当医師の腕前が良いかだけが記載されている場合は、そこにどれだけの魅力が記載されていても、9割信用できないと考えた方が良いです。それは、まずサイト上で客を呼び寄せ、実際に来訪した患者には全く別の話をして丸め込み、結果高い代金を支払わせる手法を使っているクリニックである可能性が高いからです。

本当に信頼できるクリニックは、医師の経験等が記載されており、その療法にはどのような効果がありどのような症状が出るか、または今までその医師に整形を受けた患者の声を、良し悪し関係なく載せています。

まとめ

まとめ
二重整形は、お手軽に見られるケースが多いですが、実は必ず踏まえておくべき注意点がいくつもあるわけです。その注意点を知らないままだと、自分の目とお金を危険に晒してしまうことになります。

その前に、最良な医師に出会えるよう、更に理想通りの素敵な二重を作ってもらえるよう、賢く二重整形を受けられるようにすることが、大切なのです。そのためには、周囲の人の意見に惑わされず、自分の目で信頼できる医師を見つける力を身につけなければいけません。

サイトマップ